静岡県三島市平田にあるいのうえ内科・リウマチ科です。関節炎疾患・膠原病疾患等でお悩みの方はぜひご相談下さい。

→ ブログ → スタッフ募集 → サイトマップ
未分類 CATEGORY

産廃業者とグーグル

最近とある産廃業者さんに追いかけれております。その業者は私院長の個人所有の山の木を伐採し、残土を埋め立てたいと申し出をしてきてました。私は多忙であり、皆さんもご存じの通り、昨年は新型コロナウイルスワクチンに反対の姿勢を取っていた事もあり、多忙で精神的に追い詰められていた事もあり、昨年末に来たこの業者のアポイントをお断りしておりました。

しかし、断っても断っても度々やってきます。読んでいてお腹いっぱいで気分が悪くなる『お手紙』を置いていきます。その手紙には、理由は解りませんが、前向きなワードが散りばめられており、私の事を『説明を聞けば理解して貰える。』というセンテンスが文章に書かれています。説明されなくてもわかりやすく伝わってきます。なぜか登記簿のコピーが添付されていたり、何故が現場の写真が添付されており、その中には何故か柵で囲まれ車が入っているものも存在するのです。

私のクリニックの受付はこのしつこい産廃業者の対応にいつも困り顔でした。しつこくで、何度断っても追いかけてくるし、捕まるし、昼休憩前になると受付を占拠すること複数回。断っているのに、『お手紙』を置いていく様子から、日本語が出来ないのかもしれないと思うほどです。ある日、余りにもしつこい業者に泣いて奥にいる私を呼びにきた子に、撃退するためのワードを教え、やっと撃退し、受付にその業者が来る事は、一応なくなりました。

ほっとしていると、今後は病院会計士の事務所にアポなしで現れ、複数人の男性で担当会計士を囲んだそうです。『母親には話を通している。』と嘘までつくのです。すっかり信じた会計士は、話を聞き複数回に渡り、業者の代わりに私を説得しました。一方的に土地の売買契約書まで存在し、財務局の書類まで添付されております。流石にうんざりした私は、会計士の所長に、契約解除を辞さない覚悟で圧力を掛け、担当者に厳重注意をお願いしました。

私の所有する田舎の土地を借りたい、買いたいと希望される方、業者さん達にお願いしたいのですが、私は絶対にそのような話には賛成しません。何故なら、私はあなた方が思っているより忙しいからです。この産廃業者だけでなく、何社からか、ひっきりなしに私の元に同類の業者さん達からアポイントのお願いが来ます。それは仕事の邪魔以外の何物でもないのです。『仕事の後、お時間を頂けないでしょうか。』と彼らは頼みますが、それが迷惑行為だとどうして思わないのでしょう。自分達がお金儲けを出来たらそれて良いのでしょうか。本当に自分勝手ですよね。

私には母親がおり、不動産管理会社を設立し、まだお金を稼ごうとしております。母親の元にいって話し相手になってあげてくださるのは構いませんが、私から母親の連絡先をお教えする事は絶対に有りません。その理由は、連絡先を教えるのに、母と話をしないとならないからです。その業者はどんな業者だ、信頼できるのか、とかガッツいて聞かれても判らないし、母とその業者間でトラブルが起きたら私が叱られるし、トラブルは必ず起きるのですから、もう仕事の邪魔以外の何物でもないですよね。

もう一つ悩んでいる事が有ります。グーグルの投稿です。ご存じの方も多いと思いますが、あれはリアルな患者さんが投稿しておりません。今回とある産廃業者を敵に回す事になりますが、SNSで喧嘩した人や、職員として入職させたけど退職する事になった人、きっとあのトラブルで恨みに思った人だろうと思う投稿が数多く存在します。投稿文章を読むと、時期から逆算し大体人物が特定出来ます。文章は短文でも『言い回し』というものがあり、普段接触する回数が多かった人の文章は結構解るものです。

産廃業者さんには、どうかリベンジ目的で変な投稿を書き込んで欲しくないと思っておりますし、グーグルのシステムってやめる事が出来ないんですかね。

新型コロナ感染症もやっと弱毒株化し、あのワクチンの実態も論文化され、アメリカでは『遺伝子を組み替えられた』という訴訟が起きたそうです。やっと実態が多く人達の知る所となってきております。昨年の混乱から考えたら静かな待合室に戻ったような気がしますが、それでも当院に通院しているのに、3回目の新型コロナワクチンを接種している患者さんがおります。当院では現存のコロナワクチンの接種は血栓形成、免疫不全のなどリスクが高く、予防効果がないという理由で禁止しております。膠原病の患者さんは現病が増悪する人が多発しており、対応に追われております。そんな事を話をするようになってから益々グーグルに変な書き込みが多くなりました。昨年は、とうとう書き込みを『お掃除』する業者までやってきて、投稿を綺麗にしてやるから金をよこせと言うのです。クリニックを経営し、6年間で何軒の書き込みがされてるのかと言うと、飲食店と異なり微々たる投稿数です。なので、投稿件数が多く、高い星と低い星に層が分かれているクリニックはどうしてそうなるのか、容易に想像が付くのです。

人と争うという事はエネルギーと時間、場合によってはお金も浪費します。それだけでなく、悪口もネットに書かれてしまうのです。本当に生きにくい時代だと思いますし、こんな時代は早く終わって欲しいと思います。私はただ自分の信念の向くまま穏やかに仕事を続けたいだけなのです。

以上 乱筆ですいません。院長でした。

もっと見る

2022年3月31日

今年1年間を振り返り

今年は新型コロナワクチンが始まり、当科がリウマチ・膠原病を扱う診療科で有ることもあり、大変な1年でした。ワクチン接種がなぜ駄目か説明しても理解して貰えず、わざと接種してしまう高齢患者さんも多数いらっしゃいました。しかし、その中から『抽選』で膠原病の具合が悪くなる方が出ており、その急変の仕方が通常では考えにくい増悪の仕方であること、急変しなくても、採血をすると炎症反応が高値であったり、急変とまで言わなくても増悪している方が多く、治療強化や外来での説明に多くの時間と手間を割き、バタバタする時間が多い一年だったと思います。

その一方で、関東圏の膠原病患者さんから、新型コロナワクチンに関する問い合わせが来たり、「先生と一度話をしたい。」という申し出が多数ございましたが、すべてお断りしました。理由は、私の責務は当院掛かりつけの患者様達の生命を守る事であり、広く『既存の』新型コロナワクチンの不確かさをアピールする事が目的では無いからです。この問題に関しては政府と争う姿勢は全くなく、自分の患者さん達が不幸にならないよう予防策を引いているだけです。院長である私はSNSで発信しておりますが、フォローしている地元の方はあまり多くありません。今年は地元の方からの『友達』申請をすべて拒否しました。よって『SNSを読みました。』といい連絡を取りたがる地元の方達も対応も致しませんので、ご了承下さい。

当院は今月30日から来年6日まで年末年始対応となります。その間患者様方にご迷惑をお掛けすると思いますが、昨年遭ったトラブルについて説明します。

当院での治療は外来診療となります。免疫抑制の強い、過度な治療を行っておりません。強い免疫抑制の掛かる治療が必要な患者様、肺疾患あるにも拘わらずしっかりと免疫抑制を掛けて治療をしなければならない症例は、入院可能な施設だったり、しっかりとして呼吸器専門医と併診で対応できる施設に送っております。

高齢者で生物学的製剤を使用して関節リウマチを治療している症例も多数御座いますが、いずれもメトトレキサート(商品名 リウマトレックス)の併用が無かったり、あっても少量で、かつバクタ配合錠を併用し最悪の事態に対し予防策を打っていると思われます。リウマチ膠原病に理解のない医療機関で対応して頂いた高齢患者様が、数日高熱が出たため『原因不明の敗血症』と診断され、数日入院後即退院となった例を経験しました。『原因不明の敗血症』とは、私どもは『感染原不明の敗血症』、つまり、過剰な免疫抑制により白血球が減少した事により引き起こされる感染症を指して使用する言葉です。そのような病態になるような危険な治療を、当院では行っておりません。周辺医療機関の先生方も、どうかその旨ご理解下さい。また、患者様方は、平素よりメトトレキサートを処方する前にパンフレットをお渡しし、機会がある度口を酸っぱくして説明しているとおり、食欲のないとき、下痢、脱水している時、発熱をしている時のメトトレキサートの内服を控えて頂きますよう、切にお願い致します。

関節リウマチに合併した悪性リンパ腫、メトトレキサート関連リンパ球増殖性疾の対応ですが、当院ではメトトレキサートや作用機序のよく似たレフルノミド以外の治療薬で治療を行っております。その中には生物学的製剤も含まれております。全国的にはけして珍しい治療方法では御座いません。以前は『メトトレキサート関連』と言われておりましたが、現在は『加齢による影響』『膠原病によるリスク』とも言われているようです。、学会でも提言は出ているものの、意見がまとまっていない為、ガイドラインが完成するには至っていないようです。論文は多数出ております。お困りの方はご相談頂けると幸いです。提言はでておりますので、日本リウマチ学会ガイドラインを検索してください。(リンクを張り付ける事が出来ませんでした。)

以上です。皆様にとって、来年も良い年となりますよう。

2021年12月20日

院長

もっと見る

2021年12月20日

性質の悪いデマについて

本日、開業年春に一度だけ来院された糖尿病の患者様が久しぶりに来院されました。そのような事は珍しく、理由を聞くと、

「当時の処置室で、ある看護師さんから『この施設は関節リウマチを診察する施設です。一般内科の患者さんは来ないでください。』と、かなりきつく言われて、怖くなった。」
とのこと。

その話を聞き、私には思い当たる人物がおります。

性格がきつく、かなりきつい物言いをする彼女です。自家用車は某高級外車という変わった彼女です。

開業時のバタバタの最中に「私は院長先生が嫌いです。」と言い社労士に圧力を掛け、人不足の中、強引に離職した方でした。

もと函南の開業医に勤務していて、そこでの待遇は『師長』だったそうです。スポーツインストラクターなど資格を数種類もっています。自分に自信のある彼女です。

わかる方にはわかる書き方をしております。もし、当院に勤務経験があると言い、当院では内科の患者を診察しない、特殊な施設だと話をしている自信満々な40歳後半から50歳前半の年代の看護師女性がいたら、無視してください。けしてそんなことはありません。

開業後数年間、生活習慣病関連や、インフルエンザ、風邪など、普通の内科患者さんがまったく来院せず、ずっと不思議に思っておりました。これで謎が解けました。

院長より。

もっと見る

2020年9月2日

気が付いたら開業4年が経過しておりました。

皆様、お加減は如何でしょうか。院長の井上です。

先日静岡リウマチネットワークからリウマチ患者さんの人数の問い合わせがあり、数え直しました。

2020年4月1日から同年5月31日の期間に当院に関節リウマチとして通院し、抗リウマチ薬が投薬された患者んは550人おりました。3年前がやっと200人だったので、すごい増加です。

とうとう静岡県東部地区最大人数の患者数となりました。

生物学的製剤使用率を計算したら、32%以上あり、また驚きました。本日某大手製薬会社のリウマチ系専門の方と話をしましたが、最近は専門施設なら30%台の普及率なのだそうです。10年前は導入率は20~25%と言われていたんですけどね。時代が変わりました。生物学的製剤の使用方法が確立され、安全性が広く認知されるようになったという事でしょう。

変わらないようで実は日々変化をしている業界ですから、今後どうなるか予想も出来ませんが、今後も地域のトップランナーで有るために、精進しなければと兜の尾を締めなおしております。学術的な事は勿論ですが、患者さんとのコミュニケーションが大事ですよね。

開業当時、MRIや生物学的製剤の説明をするとパニックを起こす人がちらほらおりました。気づくと来院時から生物学的製剤を知っており、当院での投薬を希望する患者さんが増えてきました。これも変化です。その変化に対応できるためには患者さんと日々どのように接するか、傾聴できているか、理解できているか、だと考えおります。

患者さんの外来人数が増えたら仕事が雑になったと言われないよう、頑張ります。

何卒よろしくお願い致します。

2020年7月8日    いのうえ内科・リウマチ科  

院長

もっと見る

2020年7月8日

新型コロナウイルス感染症の対応について

患者さんへのお願い

発熱やせき・息切れがあり、14日以内に新型コロナウイルス感染症の流行地域から帰国したか、または新型コロナウイルス感染症の患者さんと濃厚な接触があった方は、必ず事前に最寄りの保健所あるいは医療機関に電話で相談し、指示を受けていただきますよう、よろしくお願いいたします。

最寄りの保健所 東部健康福祉センター

電話:055-920-2082

致各位患者

有发热、咳嗽及呼吸困难等症状,14天内从新型冠状病毒流行地区回国,或者与新型冠状病毒患者有过密切接触的人,请一定提前给最近的保健所或者医疗机构打电话咨询,接受相关指导。

最近的保健所

東部保健所

电话:055-920-2082

もっと見る

2020年2月19日

口内炎と舌癌について

テレビでタレントの堀ちえみさんの舌癌の報道がされており、患者様から問い合わせが殺到しております。

堀さんが関節リウマチを罹患し、治療薬による口内炎を発症しており、それが舌癌の原因となったという報道です。

リウマチ専門医の観点からお話をさせて頂きますと、それは不思議だな、と。

抗リウマチ薬にメトトレキサートという薬があります。当院ではリウマトレックスという商品名で処方を行っております。専門医であれば、口内炎が出現し易いことを皆熟知しており、ちゃんと対応するはずです。

当院ではリウマトレックスを投薬中に口内炎が出現した際は徹底して対応をしております。薬剤性口内炎でなければ原因は何かまで最後まで診察をしております。

ですので、当院に通院中の患者様は今後も安心して通院してください。

また、他院通院中で口内炎を担当医から放置されている患者様は相談に乗りますので、来院して頂けますでしょうか。

院長でした。

もっと見る

2019年2月27日

のぼり

最近ご近所の患者さんから聞く話に驚愕。「ここは、ふつうの内科は診察しないって聞いたけど・・・」

・・・誰がそんなアホな噂話を流している。看板に「内科」って書いてあるのに・・・

他のご近所の患者さんもいう、「ここは特殊な疾患しか診察しないんでしょ?」

・・・一般内科を標榜しているだろう。

1月、2月とインフルエンザが世間で蔓延している時、インフルエンザ診察はほとんどせず、ずっとしていたのは圧迫骨折の診察と治療。何人診たか。

花粉症の季節になり、伊豆の国市の内科には多数の患者さんが殺到しているらしいが、当院にくる問い合わせは「減感作療法をやっていますか?」。よほど特殊な施設だと勘違いされている。

当院は一般内科も診察している、風邪も生活習慣病も診察しているのに、「特殊」だと世の中に勘違いされている、そんな勘違いを払拭するためにのぼりを掲げました。

当院は一般内科とリウマチ膠原病科と両方を標榜しています。それは一般内科と循環器科、一般外科と消化器科を標榜している他の診療所と同じです。

どうか、皆さん、お気軽にご来院してください。

院長でした。

もっと見る

2019年2月27日

当院は整形外科ではございません。

こんにちは。今年もあと2か月を切りましたね。

最近患者様たちから『予約が取れないよね』とよく言われます。

しかし、実際は予約が満員になった日はほとんどなく、時間を持て余す事が多いのが実情です。

『受付の事務員が予約を断る。』とよく言われる理由をお答えします。

最近あからさまに整形外科疾患と思われる新規患者が高齢者を中心に多く、受付で近所の整形外科をご案内しております。酷い日は午前中にそのような患者様で溢れて、そのような患者様に限って予約外で来院されるため、受付業務が停滞し診察の進行が滞る事もしばしばあるのです。

当院にはMRIが御座いますので、あちこちの整形外科を受診しても原因のわからない腰痛は開業時から診察をしております。しかし、一度も整形外科の専門医を受診されたことのない患者様は、お願いですからまずは整形外科を受診してください。当院ではリハビリを行っておりません。電気を掛ける器械も無ければ、マッサージをするPTさんも常駐しておりません。院長は関節リウマチが専門ですので、関節リウマチに関連した範疇の知識しか持ち合わせておりません。

もう一度言います。当院の院長はリウマチ・膠原病、総合内科の専門医です。

整形外科を何カ所か渡り、どうしても症状が改善しないというお困りの方は、MRIを撮影するという前提で診察を行いますが、内科医である私には整形外科の知識はほとんど在りません。

しかし、予約を取らず来院され、整形外科通院歴もなく、受付で整形外科領域の疾患のご相談をされる高齢者の患者様は、お手数ですが、最初はまず整形外科を受診してください。

院長

もっと見る

2018年11月4日

当院で関節リウマチを治療中の皆様にお願いが御座います。

先日、当院開設時から通院されている関節リウマチで生物学的製剤を投薬している患者様が、当院に連絡なく、風邪症状と考え他院を受診。もともと呼吸状態に問題のない間質性肺炎(膠原病肺)があり、画像で大騒ぎとなり、緊急入院という大騒動に発展しました。入院先の病院には膠原病肺がわかる専門医が不在のため、今後順天堂大学呼吸器内科に転院するという事態に発展しました。本日その患者さまのお見舞いに行き、患者様が思っていたよりお元気で安心した次第です。

 

強く言いたい事があります。

 

タイトルの通り、風邪、気管支炎、肺炎と思われる症状であっても、軽症重症に拘わらず、生物学的製剤や、リウマトレックスを高容量内服している患者様は、必ず当院院長の診察を受けてください。院長は膠原病肺、および合併する肺感染症の知識に長けております。

 

当院の院長は内科医であり、リウマチ専門医であり、肺炎の臨床に長けております。

 

一方、近くの一般内科の先生や呼吸器専門医を名乗っていても、びまん性肺疾患の知識のない医師が多く、膠原病肺はまったく未知の領域であり、間質性肺炎が存在するだけでお騒ぎとなり、大ごとになることがとても多いというのが開業してからの実感です。

 

当院は患者様のお陰でだいぶ予約で埋まる診療日が増えてきました。しかし、緊急の患者様は1にも2にも診察を致します。そのために院内にはCT装置も設置し、酸素ボンベも用意しております。当院院長が病態を説明したほうが、まったく膠原病肺の知識のない先生の見立てで入院先を探すよりずっと安全ですし、確実に入院先も確保できます。

 

たかが風邪と思わず、具合が悪いときは当院に必ず診察にお越し下さい。肺炎の症状に低酸素血症があります。その症状は時に倦怠感として体感することが多いからです。

 

どうか、ご理解の程よろしくお願いいたします。

もっと見る

2018年1月29日

インフルエンザワクチンについて

当院では10月10日(火)から、ワクチンが入荷出来た次第投薬します。

ワクチンは希少でまとめて入荷が困難だそうですので、当院では予約制ではなく、その日にお声がけをしていただけた人から投薬する方法を取らせていただきます。

なお、院長の勘違いがあり、11月第2週以降とアナウンスした方が今年は数名おります。

医薬品問屋に問い合わせたところ、今月から投薬が可能となりました事を深くお詫び致します。

 

ワクチンの価格は、非高齢者(助成金なし)3800円(税込み)

三島市 高齢者個人負担金 1400円

沼津市、裾野市、長泉町 高齢者個人負担金 1200円

もっと見る

2017年10月4日

カテゴリー

予約カレンダー

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
×
21
×
22
23
×
24
×
25
×
26
27
×
28
×
29
30
×
31
×
       

→PAGE TOP